WEB予約はこちら

小児科
健康診断・予防接種
ピル外来
メンズ治療

トラベラーズ外来

アクセス案内

連携医療機関

生活習慣病外来

キービジュアル
小児科
健康診断・予防接種
ピル外来
メンズ治療

トラベラーズ外来

アクセス案内

連携医療機関

生活習慣病について

イメージ

生活習慣病とは、糖尿病・高脂血症、高血圧・痛風・メタボリックシンドロームといった生活習慣や体質によって起こる慢性疾患のことをいいます。
生活習慣病は自覚症状が無いことが多く、病気が進むと様々な合併症を引き起こす大変危険な病気です。特に心臓病や脳卒中、腎臓病などの重篤な病気のリスクが高まります。
まずは生活習慣やライフスタイルを変える事から治療を行います。

  • 食事の摂り方、内容
  • 運動の種類や量
  • 嗜好品(たばこやお酒)
  • 睡眠時間
  • ストレス管理

以上の内容を患者様の生活スタイルを丁寧にヒアリングした上で、効果的に改善を進めていくようご提案いたします。
当院では、生活習慣の見直しやアドバイス(食事療法や運動について)をはじめ個々の患者様にとって適切な診断と治療、管理を行います。

糖尿病

糖尿病は、高血糖が慢性的に続く病気です。
運動不足になりがちなライフスタイルや食生活の変化から、糖尿病患者数は増加し続けており、糖尿病予備軍も含めると日本国内の患者数は2000万人以上と言われています。

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が、一定の基準よりも多い状態のことをいいます。
以前は、高脂血症と呼ばれていました。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなり、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高くなります。 糖尿病や高血圧と同じように自覚症状に乏しいため放置してしまいがちで注意が必要です。
健康診断や人間ドックで脂質異常症を指摘されましたら、一度当クリニックへお越しください。

高血圧

日本国内の高血圧患者数は、約4300万人と推定されています。高血圧を放置すると、動脈硬化が進行し脳卒中(脳梗塞、脳出血)や心筋梗塞あるいは腎臓病のリスクが高まります。
高血圧そのものは自覚症状がほとんどないため放置してしまいがちであり注意が必要です。 健康診断や人間ドックで高血圧を指摘されましたら、一度当クリニックへお越しください。

痛風

痛風は体の中にたまった尿酸が結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です(痛風発作)。痛風発作が起きる前に血液中の尿酸値が高い状態が長く続き、これを高尿酸血症と言います。高尿酸血症のみでは自覚症状がないため放置してしまいがちですが、放置すると激しい関節痛を繰り返したり、体の色々な部位に結節が出来たり(痛風結節)、腎臓が悪くなったりします。
また、痛風発作や高尿酸血症を認める場合、そうでない人と比較して脳卒中や心筋梗塞のリスクが高いことが分かっています。そのため尿酸値以外の動脈硬化のリスク因子(糖尿病、高血圧、脂質異常症、腎臓病)と合わせて注意していく必要があります。 健康診断や人間ドックで高尿酸血症を指摘された際には、一度当クリニックにお越しください。

神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1100-14
フーディアム武蔵小杉2階

TEL:044-750-0303

小児科診療時間表

診療時間 日・祝
9:00

12:00
乳幼児健診
予防接種
乳幼児健診
予防接種
9:00~
13:00

14:00

18:00
13:00~17:00
一般外来
13:00~17:00
一般外来

内科診療時間表

診療時間 日・祝
9:00

12:00
9:00~
13:00

14:00

20:00
14:00~
18:00

※特定の医師の診察をご希望の際には、クリニックホームページの診療カレンダーで診療日をご確認頂き、ご予約してください。混雑状況により、ご希望に添えない場合もありますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。