WEB予約はこちら

小児科
健康診断
予防接種
ピル外来
メンズ治療

自費診療

ダイエット外来

アクセス案内

連携医療機関

睡眠時無呼吸なおそう.com

SASnet

公益財団法人 痛風・尿酸財団

ダイエット外来

キービジュアル
小児科
健康診断
予防接種
ピル外来
メンズ治療

自費診療

ダイエット外来

アクセス案内

連携医療機関

睡眠時無呼吸なおそう.com

SASnet

公益財団法人 痛風・尿酸財団

医師が治療を行うメディカルダイエット

ダイエット外来とは

ダイエット外来とは、医療機関において専門家の指導のもと、肥満の解消・改善を目的としたダイエットを行う診療科のことです(肥満外来やメディカルダイエットとも言います)。
医師や管理栄養士、健康運動指導士などの専門家が、患者様一人ひとりに最適なダイエットプログラムをご提案します。

ダイエット外来では食事療法、運動療法、薬剤療法による無理のないダイエットプログラムを提案するため、身体への負担が少なく健康的に体脂肪を減らすことができます。
またプログラムを進めていく過程で食生活や生活習慣が改善されるので、リバウンドが起こりにくい健康的な体を手に入れられます。

肥満の定義

肥満とは、体内に脂肪が過剰に蓄積されている状態のことで、体格指数BMI(Body Mass Index)が25以上のものと定義されています。
BMIとは肥満度を表す国際的に用いられている数値で「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

例)身長150cm、体重50kgの人のBMI数値
50kg ÷ 1.5m ÷ 1.5m = 22.2

日本では18.5~25未満を「普通体重」、25~35未満を「肥満」、35以上を「高度肥満」と分類されています。
なおBMIが35以上の高度肥満にあたる方は、保険診療が適用される場合もあります。

  • 肥満:BMI(体格指数)が25以上
  • BMI:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

肥満によるリスク

肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、さまざまな問題を引き起こすことがわかっています。
肥満を放置していると生活習慣病を悪化させ、動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。
まずはダイエット外来で自身の状態をしっかりと把握し、無理のないダイエットで肥満によるリスクを減らしていきましょう。

  • 耐糖能障害(2型糖尿病・耐糖能異常など)
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 高尿酸血症、痛風
  • 冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)
  • 脳梗塞、脳血栓症、一過性脳虚血発作(TIA)
  • 脂肪肝(非アルコール性脂肪性肝疾患、NAFLD)
  • 月経異常、不妊
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 変形性脊椎症、変形性関節症
  • 肥満関連腎臓病

ダイエット外来の治療方法

ダイエット外来では食事療法、運動療法、薬剤療法という3つの方法で治療を進めていきます。
まずは問診や検査を行い患者様の体の状態(肥満の程度)や食生活、生活習慣などをヒアリングいたします。
その後、医師による分析をもとに管理栄養士が効率的で無理のないダイエットプログラムをご提案いたします。
食事療法と運動療法を継続しながら必要に応じて薬剤も服用し、肥満を解消していきます。

食事療法
管理栄養士が患者様の普段の食習慣や飲酒、喫煙などの摂取状況をお聞きしたうえで食事療法をご提案します。バランスの良い食事をとる、塩分に気を付ける、禁酒・禁煙などにより体質を改善していきます。
運動療法
1日30分程度の有酸素運動(ウォーキングやランニング、ストレッチ、ヨガ、水泳など)をご提案します。運動によって筋肉がつき基礎代謝が上がるとリバウンドしにくく、太りにくい体質に変わると言われています。
薬剤療法
食事療法や運動療法で効果が不十分な高度肥満の方には薬剤療法をご提案します。食欲の抑制、脂肪の吸収を抑える抗肥満薬の処方や注射治療を行います。いずれも副作用を伴う可能性があり使用する場合は医師の指示が必要です。

ダイエット外来の治療薬

当院ではダイエット外来の治療薬としてリベルサス、ルセフィ、防風通聖散の3種類を取り扱っています。
リベルサスは「GLP-1(Glucagon-Like Peptide-1)受容体作動薬」というもので、もともと人の体内に存在し腸から分泌されるホルモン・GLP-1が含まれています。GLP-1は血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、食欲の抑制、満腹感の維持、脂肪の分解などの効果が期待できます。
ルセフィは腎臓による糖質(血中グルコース・ブドウ糖)の再吸収を抑制し、糖を尿として排泄することでで血糖値を下げ、実質的な糖質制限を促します。
防風通聖散は肥満症の治療によく用いられる代表的な漢方薬です。漢方は植物や鉱物といった生薬を組み合わせた薬で、体のバランスを整え不調を和らげる効果があります。

投与方法 概要
リベルサス 内服 1日1回、空腹時に3mg錠、7mg錠、14mg錠のいずれかを1錠服用します。飲んだ後は30分~2時間程度、食事や水分の摂取を控える必要があります。
ルセフィ 内服 1日1回、2.5mg錠を朝食前または朝食後に1錠服用します。服用後のアルコール摂取や激しい運動は低血糖のリスクがあるので控えてください。
防風通聖散 内服 18種類の生薬が配合されており、脂肪燃焼のほか利尿作用によるむくみ・便秘改善、血行促進などの効果があります。ぽっこりお腹の方、皮下脂肪が多い方におすすめです。

治療薬の料金

初診料 3,000円
(税込 3,300円)
再診料 1,000円
(税込 1,100円)
リベルサス錠 3mg
(30錠/月)
10,000円
(税込 11,000円)
リベルサス錠 7mg
(30錠/月)
20,000円
(税込 22,000円)
リベルサス錠 14mg
(30錠/月)
30,000円
(税込 33,000円)
ルセフィ錠 2.5mg
(30錠/月)
15,000円
(税込 16,500円)
防風通聖散
(90包/月)
5,455円
(税込 6,000円)
マンジャロ 2.5mg
(4本/月)
24,000円
(税込 26,400円)
マンジャロ 5mg
(4本/月)
48,000円
(税込 52,800円)

神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1100-14
フーディアム武蔵小杉2階

TEL:044-750-0303

内科診療時間表

『生活習慣病専門外来』は糖尿病・高血圧などの生活習慣病により受診される方のみご予約が可能です。

診療時間 日・祝
9:00

12:00
(最終受付11:30)
内科
(高田)
内科
(高田)
内科
(高田)
(井熊)
内科
(高田)
(※大山)
(※川畑)
14:00

18:00
(最終受付17:30)
内科
(高田)
内科
(高田)
内科
(高田)
内科
(高田)
内科
(高田)
(※川畑)

※( )内の名前は、診察する医師名です。
※大山…第2、4土曜日 午前
※川畑…第1、3、5土曜日
特定の医師の診察をご希望の際には、診療日をご確認頂きご予約をお願いいたします。
混雑状況により、ご希望に添えない場合もありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

小児科診療時間表

診療時間 日・祝
9:00

12:00
(最終受付11:30)
小児科
アレルギー専門
(濱口)
14:00

18:00
(最終受付17:30)

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。